ブラック企業とは

unicre award 2016
  • TOP
  • ブラック企業とは

ブラック企業とは

ブラック企業とは

ブラック企業とは、以前は反社会的団体と接点のある違法行為が常態化した企業を指すことが一般的でしたが、近年は過重労働や違法労働によって社員を酷使する企業に使用されています。
高収入で充実の福利厚生を設けるなど、労働環境が整備されている「ホワイト企業」の対義語としても用いられています。 ブラック企業は低賃金や長時間のサービス残業のほか、セクハラやパワハラが横行しているのも特徴です。
大量採用で社員を入社させたうえで過度な競争により人員の選別を行い、会社の希望にそぐわない人は過重労働によって自主退職へ追い込んでいきます。

以前から長時間労働などはありましたが、企業は年功賃金・終身雇用・企業福祉により社員とその家族の生活を保証していました。
しかし、この「日本型雇用慣行」が崩壊したことで、企業は社員の生活を保証せずに労働力を搾取しはじめたのがブラック企業誕生の背景となっています。

社員の中には過労死や自殺するケースもあったことから世間での関心も集め、2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞を受賞するほど社会的インパクトを残しました。

ブラック企業と優良企業は紙一重?

ブラック企業と呼ばれる傾向があるのは、長時間労働にもかかわらず待遇が悪いケースが圧倒的です。
有名企業や大企業でも長時間労働が日常化しているケースがたくさんありますが、ブラック企業とは呼ばれていません。
これは、上でも述べた通り労働に見合った対価を「給与」や「福利厚生」などで保証することで、お互いの需要と供給が成立しているからでしょう。

大企業や有名企業では仕事が大変な職種であっても、社会的地位や高給が得れるほか、与えられる仕事内容も遣り甲斐や達成感などを味わえる責任ある業務の場合が多いため、社員の仕事に対するモチベーションが違います。
つまり、長時間労働であっても自主的に社員が働いている企業は、それだけの見返りやモチベーションがあるため、社員の満足度も高いということになります。
一方で、社員が会社から強制的に働かされていると感じるのは、見返りのない酷使や、過度なプレッシャーが慣習化している証拠で、元社員による批判が多く離職率も高いのが特徴です。

ブラック企業は無くなるか?

ブラック企業は、社員を捨て駒として搾取しながら利益をあげる行為は企業存続のうえでも困難な環境になりつつあります。

まず、情報通信が発達した今の時代では、一度ネットやメディアでブラック企業と批判されれば、SNSやツイッターなどで瞬く間に拡散されていき、多くの国民に知れ渡ります。
その結果、不買運動やボイコットなどが起きたり、企業のイメージダウンによる取引の縮小・中止、株価下落などが想定され、最悪の場合は倒産するリスクがあります。

また、長時間残業を課している場合は、労働基準監督署からの立入調査を受けることもあり、賃金不払残業の是正勧告を受けた場合は、不払い分を支払う必要が生じ資金繰りが悪化する可能性だってあります。
国も厚生労働省が主導でブラック企業対策に力を入れ始めており、「企業名公表」を決定するなど今後ブラック企業にとっては厳しい環境が整備されつつあります。

ただし、規模の大きい企業には効果はありますが、九州などの地方にある中小企業にはそこまで行政の手が届くかは疑問です。
やはり、就職活動を行う際に自分でブラック企業かを見極めていくことが重要となります。

ページTOPへ