ブラック企業から転職・退職

unicre award 2016
  • TOP
  • ブラック企業から転職・退職

ブラック企業から転職・退職

ブラック企業から転職

自分が入社した会社がブラック企業だと分かったら、一刻も早く退職を申し入れ転職活動を行うことをおすすめします。
勤続年数が短いと転職で不利になるからと会社に我慢して残ったとしても、精神的・肉体的に追い詰められていくだけで、自身のキャリアに良いことはないからです。

ただし、面接試験を受ける際は、ブラック企業ではネガティブなイメージばかりだとは思いますが、ポジティブな退職理由を伝えることが重要です。
採用試験で退職理由を聞かれるのが一般的ですが、「忍耐力がついた」ことや「多くの業務に携われた」などブラック企業ならではの強みを伝えることで、面接官にも好印象なイメージを与えることができます。

また、転職活動を行うなら一人で行うよりも、転職支援サイトに登録して求人選びの段階からサポートしてもらうほうがスムーズに活動できます。 転職支援サイトでは、自分の条件に見合った求人を紹介してくれると同時に、転職スタッフを通じて会社へ色々質問することが可能です。
有給休暇の取得率や離職率、平均残業時間などブラック企業であるかを見分けるために積極的に気になる事項は質問しておくことが重要です。

九州は、首都圏と違って企業の数も少ないので退職しても、次の会社が見つかるか分からないと不安に思っている人もいるかもしれません。
しかし、九州を地盤とする転職支援サイトを利用することで、豊富なネットワークから他では見つからないような魅力的な求人に出会えることも珍しくありません。

自主退職へと追い込むブラック企業に注意

ブラック企業を退職する際は、会社側ともめることがほとんどで円満退職は期待できないとうことを念頭に入れておきましょう。

また、ブラック企業に多いのは自ら解雇を通告するのではなく、過度な圧力や労働を与えることで、社員自らが辞めていく方向へ持っていくことです。
これは、自己都合の退職に追い込むことで、後から元社員によって訴訟されるリスクを減らすためです。

退職勧奨は企業側からの労働契約解消の申し入れであり違法ではないですが、その行為に強要・脅迫や詐欺があった場合は、退職の合意自体が無効になる可能性があります。
この場合は、違法として損害賠償請求の対象にもなりますで、社労士や弁護士などの法律の専門家に相談すると良いでしょう。

退職を許さないブラック企業もある

ブラック企業のなかには社員が自ら退職を希望しても「辞めさせない」ことがあります。
これは、社員1人当たりの仕事量が多い中小企業によく見受けられる事例で、様々な理由をつけて退職を認めてもらえないケースです。 もちろん、社員1人を採用するにはコストが発生するため、会社側としても簡単に辞めてもらっては困るのです。
ただし、社員には退職する権利があります。 少しでも円滑に退職できるよう、まずは会社の就業規則に従い決められた期間前までに退職届を準備しましょう。

退民法では、就業規則や契約期間がない場合、労働者は14日前までに退職を申し出ればいつでも労働契約を解除することが可能です。
もし退職が上手く進まない場合は、一人で悩まずに労働基準監督署へ相談することをおすすめします。

ページTOPへ