ブラック企業の見分け方

unicre award 2016
  • TOP
  • ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方

ブラック企業かの判断基準・見極め方

ブラック企業は、過重労働や違法労働によって社員を使い捨てのように扱う企業であり、人件費が安くて体力のある若い人材がたくさん犠牲にあっています。
そんなブラック企業に就職・転職しないようにするためには、ブラック企業かどうかを見分ける力が必要になってきます。

会社を正しく見極めることができれば、企業説明会や採用試験を通じてブラック企業かを正しく判断できるようになります。
また、ブラック企業と判断するかは人それぞれ基準が異なってくるため、自分のなりの定義を定め、会社を選ぶことが重要です。

成果主義の会社では、社内での競争が厳しいですが、勝ち抜いた人はそれに見合った待遇やポジションが用意されているため、仕事やプレッシャーが多くても必ずしもブラック企業とは言えません。

年齢や勤続年数に関係なく実力を正当に評価してもらいたい人にとっては、最高の職場となり得るのです。
ここでは、ブラック企業の見分け方について基準となるポイントを紹介しているので、会社選びの参考にしてみてください。

ページTOPへ