優良企業の偏差値

unicre award 2016
  • TOP
  • 優良企業の偏差値

優良企業の偏差値

優良企業は知名度や規模とは無関係

優良企業とは、業績が優れていて健全な経営を長期間継続できる企業のことを指す場合が多いですが、それに加えて雇用環境が良く従業員の士気が高いことが重要です。
有名企業・大企業だからと言って優良企業に該当することはなく、規模や知名度などは関係ありません。

つまり、中小規模の企業が多い九州でも、独自性を活かしながら地域密着型で社員と顧客を大切にしている優良企業は多いとうことです。
求人倍率も首都圏と比べると低いため、求職者にとっては理想の職場に出会いやすいメリットがあります。

優良企業の偏差値

企業の年収や売上高、人気業界など、様々な視点によって偏差値ランキングがまとめられていますが、優良企業もよく取り上げられています。
優良企業の偏差値に関する定義・基準は様々ですが、継続的に業績が良く、待遇や福利厚生が充実している上に、離職率が低い企業といった「安定性」と「働きやすさ」で評価している傾向があります。
給与が競合社より低くても、その分諸手当や保養所サービスなど福利厚生が充実している企業は偏差値も高くなります。

逆に、年収が高くてもサービス残業が多かったり、社員の離職率が高い企業は偏差値が低くなります。
優良企業内で偏差値をつけて比較することで、より優秀な企業に出会える可能性が出てくるので、一度参考にしてみることをおすすめします。

偏差値よりも相性が大事

優良企業を偏差値ランキングによって比較することで働きやすい職場を見つけるチャンスは高まりますが、その情報に頼りきってしまうのは問題です。
というのは、偏差値が高くても入社する自分にとって本当に最適な職場かどうかは分からないからです。 特にインターネット上で入手できる偏差値ランキングは企業の業績や平均年収などから算定されているケースが多いのが特徴です。

そういった情報だけではいくら企業偏差値が高くても、労働環境や上司・同僚の人間性など、自分との相性を知ることはできません。
採用試験や職場見学に参加して自分の目で直接確かめて、自分にとっての優良企業を探すことが最終的には必要となります。
特に九州にある企業は、規模や知名度が低いため、優良企業の偏差値ランキングでは紹介されていないことが多いようです。

最近は、九州でもインターンシップや職場体験を取り入れている企業が増加しているので、積極的に参加してみると良いでしょう。

ページTOPへ