ホワイト企業とは

unicre award 2016
  • TOP
  • ホワイト企業とは

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは、一般的には福利厚生が充実していて離職率が低いなどといった社員が「働きやすい」企業のことを言います。
各種手当や奨励金制度もそうですが、人間関係も良好な職場が多く、社員の生産性が非常に高いのが特徴です。
優良企業と同じく売上や業績の規模とは関係がないので、ブランド力や会社の規模に左右されないようにしましょう。

また、ホワイト企業の反対語として社員の待遇や労働環境が悪い企業のことを「ブラック企業」と呼ばれています。
近年はブラック企業が注目されるようになった反動により、ホワイト企業への関心も高まっており、メディアやネットでも数多く取り上げられています。

ホワイト企業は女性にも優しい

ホワイト企業は、手厚い福利厚生で離職率の低い企業が対象となるため、女性が長く活躍できる環境が整っていることが多いようです。
特に女性の場合は出産や育児を経験するため、男性のように継続的なキャリア形成が困難になりがちです。
従業員の働きやすさに力を入れているホワイト企業なら、産休や育児休暇の取得を積極的に推奨するうえに、スムーズな職場復帰のバックアップも整っていて安心です。

性の雇用促進が国を挙げて実施されていますが、現場まで浸透している企業はまだまだ少ないのが現状なので、女性の雇用状況からホワイト企業を探していくことも重要です。
女性が多く活躍する企業は、女性目線のサポート制度が整っているケースが多いように見えますが、必ずしもそうとは限りませんので、福利厚生や離職率の確認は必須です。

ホワイト企業は九州も豊富

ホワイト企業は、規模や知名度に関係がないため、東京や大阪といった大都会に所在する企業が多いとは限りません。 九州にも、労働環境の整備に力を入れて社員を大切にしているホワイト企業がたくさん見つけることができます。

特に九州は、首都圏に比べると優秀な人材を確保することが難しいため、社内の教育体制を充実させ、長期間かけて社員を育成させるケースが多いです。 そのため、若い社員でも活躍できる機会が数多く与えられると同時に、先輩や上司によるフォロー体制も手厚いため、新入社員でも早くから遣り甲斐や達成感を味わうことが可能です。

日本有数の経済都市である福岡を中心に数多くのホワイト企業が九州各地にあるので、まずは会社の規模やブランド力に捉われず、「働きやすさ」で企業を探してみてください。

ページTOPへ