ホワイト企業から転職・退職

unicre award 2016
  • TOP
  • ホワイト企業から転職・退職

ホワイト企業から転職・退職

ホワイト企業の転職事情

ホワイト企業へ転職を望む人は多いですが、特に過酷な労働環境で働くブラック企業からの抜け出したい人がたくさんいます。
低賃金で長時間残業の過酷な労働環境で働いている人が多いため、ホワイト企業への注目は高まっています。 ただし、ホワイト企業にこだわり過ぎては転職難民にもなりかねないので、空白期間の作り過ぎには注意しましょう。

また、ホワイト企業は個人によって基準が異なってくるので、プロの転職エージェントなどを利用して最適な職場を見つけてもらうのが効率的です。
いっぽうで、ホワイト企業から転職を希望する人は、資格取得や研修など充実した教育制度で育成してもらったおかけで、即戦力としてアピールすることができます。
転職者の傾向としては、ステップアップを希望する人や現職に物足りなさを感じている人など様々です。
ただし、次もホワイト企業に転職できるとは限らないので、将来のキャリアプランと企業選択は慎重に行うことが重要です。

ホワイト企業の退職事情

ホワイト企業を退職するケースとして、キャリアアップもありますが、働きやすさ故の「緩さ」も要因となっていることが多いようです。
ホワイト企業は労働時間がしっかりと管理されているため、自分がやりたい分だけ仕事ができなかったり、上司よりも良いパフォーマンスができなかったりなど、ホワイト企業独自の悩みがあります。

そこで、転職の際に求人票を確認する際は、以下の事項について確認することでホワイト企業かを確認することができます。また、時間外労働がほとんどないため、残業代がもらえず周囲よりも年収が低いことが不満に感じた人もいます。
労働環境が厳しくないのは、人によってはかえって刺激やモチベーションを失い、物足りなさを感じた結果、退職の道を選んでいます。 退職しないためにも、ホワイト企業というだけで安易に選ばす、職務内容などを事前にしっかりと把握しておくことが重要です。

退職する際の注意点

ホワイト企業に関わらず、退職する際はこれまでの感謝の意も込めて円満退職を心がけるようにしましょう。

退職を決めたなら早い段階で直属の上司へ最初に伝える必要があります。
もしも、同僚などに先に伝えて噂で上司の耳に退職の件が伝わってしまったり、社長や部長に直接伝わってしまえば、上司の管理能力が問われるなどトラブルの原因となるからです。また、退職の意思を伝える時期は、民法では2週間前までに伝えれば有効とされていますが、各社の企業規則によって定められていることが多いのでそちらに従いましょう。
会社を辞めることで、会社側は新たに人材を確保する必要が生じます。
採用活動・引継ぎ業務が円滑に進むよう、できるだけ余裕を持って伝えることが大切です。

さらに、ホワイト企業の場合は人間関係が良好であることが多いため、引き留めに合うケースが考えられます。
その際は、昇進や昇給の話を持ち掛けられることもありますが、退職を決意するまでに至ったのにはそれだけの覚悟と理由があったはずなので、丁重に断りを申し入れましょう。
どんなに訴え続けても退職を了承してもらえない場合は、社長や部長に相談するか、あるいは労働監督基準署に相談するのも1つの方法です。

ページTOPへ