ホワイト企業の特徴・定義

unicre award 2016
  • TOP
  • ホワイト企業の特徴・定義

ホワイト企業の特徴・定義

ホワイト企業と判断基準

ホワイト企業とは、福利厚生や各種手当が充実しており社員の離職率が低い企業と一般的に定義されています。
本来であれば、社員の働きやすい労働環境を提供しながら生産性や効率性を向上させるのが企業経営では重要となりますが、なかにはブラックと呼ばれる劣悪な労働環境の企業もあります。

ホワイト企業の特徴である離職率の低さは、待遇や福利厚生以外にも多くの制度や環境が要因となって実現しているので、求人票には記載されない制度や雰囲気を確認するようにしましょう。
例えば、OB訪問・インターンシップ・職場見学などで働く現場を直接体験することができる機会があるので、積極的に活用することをおすすめします。

ホワイト企業の特徴

ホワイト企業の特徴は、社員の離職率が低く、長期間のキャリア形成が期待できる環境が提供されていることです。
ここでは、報酬や福利厚生以外にもチェックしておきたいホワイト企業の特徴を紹介していきたいと思います。

以上のように、ホワイト企業は特別な制度を設けているのではなく、社員がモチベーション高く勤務できる環境づくりに努めています。 実は、こう言ったホワイト企業は九州に多くあります。
首都圏など都会と比べて人の流出入が活発ではない九州には、「社員を守る」といった終身雇用制度の性格が残っている企業が多くあるからです。
そのため、人材は自社で一人前に育て上げることを重要視しており、教育・研修制度が充実しているのはもちろん、会社全体で新入社員をバックアップする体制が整っているのです。

都会で転職を繰り返しながら中途半端なキャリアを身につけるくらいなら、九州の地元企業に就職し、腰を据えて働きながら即戦力となる実務経験を積むほうが将来も期待できます。
ネット上やメディアでは取り上げられない隠れホワイト企業が多い九州も就職活動の視野に入れることで、理想の職場に出会える確率がよりいっそう高くなります。

ページTOPへ