ホワイト企業の新卒採用と中途採用

unicre award 2016
  • TOP
  • ホワイト企業の新卒採用と中途採用

ホワイト企業の新卒採用と中途採用

勤続年数に捉われない企業選びが重要

ホワイト企業は、長く働ける環境と高い給与が期待できるので、平均勤続年数が高いのが特徴です。
新卒生も入社するなら終身雇用とまでは言いませんが、できるだけ長く働ける会社が良いに決まっています。

ただし、平均勤続年数の長さだけに固執してしまっては、せっかくのホワイト企業をみすみす見逃してしまっているかもしれません。
たとえば、企業の歴史が浅いうえ、積極的に採用活動を行っている企業であるならば勤続年数は短くなってしまいます。 逆に新卒採用を実施していない企業であれば、自ずと平均勤続年数も伸びていく傾向があるため、これだけでホワイト企業かを判断することは非常に危険です。

新卒採用の学生は、企業説明会やOB訪問、インターンなど、中途採用に比べて企業と接触できる機会が数多く提供されている強みがあるので、様々な切り口から企業を調べてみることをおすすめします。

中途採用は早い段階から情報収集を開始

転職者の中には、前職が長時間残業で低賃金といったブラック企業からの脱却を図るために中途採用に応募する人も少なくありません。
新卒採用時代に「会社の規模」や「知名度」などといった安易な基準で入社を決めてしまい後悔している人もいることでしょう。 そんな苦い経験から、中途採用では知名度が低い中小規模でも労働環境が整備されたホワイト企業を好む傾向があります。

求人を探す際は、1年を通して中途採用を行っている企業はスタッフの入れ替わりが激しいことが予想されるので注意が必要です。
ホワイト企業の場合は離職率が低く、中途採用を活発に実施しないことも多いので、転職を考えている人は早くからアンテナを張って情報収集しておくことをおすすめします。

ホワイト企業を効率よく探したい人は、転職サイトに登録してプロのコンサルタントから理想の職場を見つけてもらうと良いでしょう。
転職サイトでは、スタッフが定期的に訪問しながら社内の人間関係や雰囲気をチェックしていることも多いので、求人票には記載されないリアルな情報も入手可能です。

九州の新卒採用・中途採用

九州に本社を構える企業でも、安定した成長を続けるホワイト企業は若い人材を育成する体制が整っているため、新卒採用も積極的です。
ただし、一般的に東京や大阪などの大都市圏に本社を置く企業と比べると組織の規模が小さい分、採用枠は限られてしまいます。

しかし、九州は横とのつながりを重要視する文化があるため、九州の大学に通う大学生は学校独自のネットワークやOB訪問を活用することで、就活を有利に進められることもあります。
いっぽう、中途採用で即戦力を募集しているホワイト企業も九州にはたくさんあります。

IターンやUターンを積極採用し最先端のスキルや技術を欲しているホワイト企業も多く、首都圏で培った経験やスキルがアピール可能です。
九州は東京などに比べると人員の出入りが少ないので、日ごろからアンテナを張って情報収集に努めておいたり、遠方の方なら転職サイトを利用しておくとスムーズに活動できます。

ページTOPへ